ヴィジョナリー 藤田田 日本マクドナルド創業者

渋谷区神宮前より、株式会社ファーストブリッジ 

代表取締役社長 一色雅人です。

創業社長の多くが多読で有ることは、自慢でも自己満でも

なくて、学ぶ必要があり、学びたい思いが強いと言う事なのだと

思います。 かく言う僕もその1人なのです!

名著に出会うと言う幸せに

年に何度出会えるだろうか・・・・

年間数百冊の本を読んでいても、年間10冊出会えれば

とても幸運な確率と考えています。

日本マクドナルドの創業者、日本にトイザらスを展開した

伝説の社長「藤田田」さんの名著

「勝てば官軍」を読了しました。

勝てば官軍を書いた年は1996年に成る訳ですが

さすがの先見性とはこの事を言います。

なんと、現代2013年迄に

起きた事の多くを全て断言する形で予測してその事柄に対して

Businessをする者がどう「ふるまう」べきなのか?

を藤田社長らしい言葉で切り、話して居るのです!

その内容の一つ一つに対して驚きの領域なのだけど

彼からすれば

常に30年後の未来を見据えて仕事をすると言うヴィジョナリーとして

10年20年後の未来など、明日の事の様にイメージ出来ていたのだろう。

織田信長、スティーブ・ジョブズやウォルトディズニーと並び称するには大袈裟だと言う

意見も出そうだが、彼を知れば知るほど、日本実業会に置ける偉大なる

ヴィジョナリーで有った事は疑いもなく、僕らが手本とするべき名経営者の1人であると

断言します。

ちなみに、日本のiphone旋風の一翼を担った「SB孫さん」が16歳の時に

「コンピュータを勉強してきなさい」と指導したのは、この藤田田氏で有ったと言う逸話は

有名な話ですね。

勝てば官軍 一読の価値は絶対にありますので是非!

【送料無料】勝てば官軍 [ 藤田田 ]

【送料無料】勝てば官軍 [ 藤田田 ]
価格:1,544円(税込、送料込)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です