Think Simple Appleの哲学

渋谷区神宮前より株式会社ファーストブリッジ

代表取締役社長一色雅人です。

我々の業界・美容関係・アパレル関係・Design関係等に

従事する人々の中には

Appleを熱狂的に支持する人がとても多いわけですが

我々が何故熱狂してしまうのか?

Appleの持つ哲学「Think Simple」を知ることで

理解が深まります。

ファン心理として、好奇心を満たす

それだけでも価値はありますが、企業を経営する人間として

ユーザーを熱狂させると言う考えは理想であり目標です。

クライアントを熱狂させる!どんな商売でも役立つメソッドだと思います。

是非ご一読をお薦めします!

<電子版>

【送料無料】Think Simple [ ケン・シーガル ]

【送料無料】Think Simple [ ケン・シーガル ]
価格:1,680円(税込、送料込)


ヴィジョナリー 藤田田 日本マクドナルド創業者

渋谷区神宮前より、株式会社ファーストブリッジ 

代表取締役社長 一色雅人です。

創業社長の多くが多読で有ることは、自慢でも自己満でも

なくて、学ぶ必要があり、学びたい思いが強いと言う事なのだと

思います。 かく言う僕もその1人なのです!

名著に出会うと言う幸せに

年に何度出会えるだろうか・・・・

年間数百冊の本を読んでいても、年間10冊出会えれば

とても幸運な確率と考えています。

日本マクドナルドの創業者、日本にトイザらスを展開した

伝説の社長「藤田田」さんの名著

「勝てば官軍」を読了しました。

勝てば官軍を書いた年は1996年に成る訳ですが

さすがの先見性とはこの事を言います。

なんと、現代2013年迄に

起きた事の多くを全て断言する形で予測してその事柄に対して

Businessをする者がどう「ふるまう」べきなのか?

を藤田社長らしい言葉で切り、話して居るのです!

その内容の一つ一つに対して驚きの領域なのだけど

彼からすれば

常に30年後の未来を見据えて仕事をすると言うヴィジョナリーとして

10年20年後の未来など、明日の事の様にイメージ出来ていたのだろう。

織田信長、スティーブ・ジョブズやウォルトディズニーと並び称するには大袈裟だと言う

意見も出そうだが、彼を知れば知るほど、日本実業会に置ける偉大なる

ヴィジョナリーで有った事は疑いもなく、僕らが手本とするべき名経営者の1人であると

断言します。

ちなみに、日本のiphone旋風の一翼を担った「SB孫さん」が16歳の時に

「コンピュータを勉強してきなさい」と指導したのは、この藤田田氏で有ったと言う逸話は

有名な話ですね。

勝てば官軍 一読の価値は絶対にありますので是非!

【送料無料】勝てば官軍 [ 藤田田 ]

【送料無料】勝てば官軍 [ 藤田田 ]
価格:1,544円(税込、送料込)


プライジング戦略

プライジング・戦略的に価格を設定する

渋谷区神宮前よりFIRSTBRIDGE

代表取締役一色雅人です。

今日は、企業経営者として、マーケティング担当者として

とても大切な「プライジング・価格戦略」についてお話したいと思います。

日本の多くの企業では「価格」に対し戦略を持たずに「値付け」を行なって居る

実体・・・皆さんもご存知のとおりだと思います。

多くの「値付け」の例として

1:競合他社(コンペティター)の価格を真似る(少し下げる)

2:コストに必要な利益を上乗せする

3:価格を見せず、俗に言う「御見積」で価格を変動させる

と言う3例に成るそうです。

そんな慣習に右に倣えしている企業では「戦略的に価格を設定」している

プライジングを正しく行なって居る企業に比べて、明らかに大きな利益を逸している

とても勿体無い状態だそうです。

プライジングを正しく行うと

・販売機会が最大化される

・利益が増大する

価格を変えると言う行為は、企業にとって「パンドラの箱」を開けるかの様な

行為に思われがちですが、勇気を持って取り組むと素敵な明日がやってきそうです!

私も「プライジングの研究」として、3冊を読みました。

みなさんも「プライジング」取り入れてはいかがでしょうか?

プライジング・戦略的に価格を設定する